サービス案内

事業に対する理念 | グループホーム | 小規模多機能ホーム | デイサービス | 居宅介護支援事業所

事業に対する理念

「自己決定」「生活の継続」「能力の発揮」を基本にし、ご利用者の住み慣れた地域での尊厳ある暮らしを地域の方々と共に支えます。
住み慣れた地域で生き生きと生活するために、ノーマライゼーションの3原則を徹底し、一人ひとりの顔を見ながら個別の対応を行っていきます。

「自己決定」
可能な限り自宅で暮らすために本人の意思のもと、その人らしい生活ができるよう支援を行います。
「生活の継続」
これまで培われてきた人々との社会的な関係を断ち切ることなく、地域の中での暮らしの継続を支援します。
「能力の発揮」
利用者一人一人の残存能力を活かした自立支援を行います。 上記を基本にして、ご利用者・ご家族の状況に応じた柔軟で切れ目の無いサービスを提供し、安心して過ごせる居場所を作ります。

運営方針

  1. 生活の質を高めるための運営体制
    1. 24時間・365日「いつでも」「どこでも」「何にでも」対応できる柔軟な勤務体制を作ります。
    2. 各サービスを同一のスタッフで運営し、本人とスタッフとのなじみの関係を継続します。
    3. スタッフの質を向上させる為の教育体制(内部研修の実施、積極的な外部研修加への奨励)と人事考課制度を充実します。
    4. プライバシー保護と身体拘束禁止を徹底します。
  2. 健全な運営体制
    1. 積極的に情報を公開します。
    2. 地域住民の代表などによる運営推進委員会を設置します。並びに積極的に外部評価を受け入れます。
    3. リスクマネジメントを徹底します。
    4. 適切な契約・情報提供・苦情解決を行います。
  3. 地域との連携
    1. 保健・医療・福祉及び地域の諸団体等とのネットワークを充実します。
    2. ご家族や地域の方々に気軽に立ち寄っていただける雰囲気作りを行います。
    3. 地域と共に支えあう社会資源の開拓に努めます。

グループホーム

利用されるお客様が家庭的な雰囲気の中で、個人の生活リズムを大切にし、 ゆとりある生活スタイルを提案します。

利用案内
オープンテラス
共有スペース

明るく落ち着いた雰囲気の中、優雅な毎日をお過ごしください。又地域の方々も共に語り合える憩いの場です。

個室

間接照明等を仕様し、心地良さと癒しの空間の中に、安全性を追求したお部屋をご用意しています。

浴室

明るく清潔な浴室はプライベートに配慮した個室浴槽を採用しています。また、バリアフリー仕様の浴室は入浴の介助が行いやすいよう十分なスペースを確保しております。


ご不明な点はお問い合わせください。

小規模多機能ホーム

明るい食堂にはいつも楽しい会話が。間仕切りをセットをすれば畳の部屋としてもご利用できます。

利用案内

介護が必要になても、住み慣れた家・地域で安心して生活できるように、
必要に応じて「通い」を中心に「泊まり」「訪問」を組み合わせて、24時間利用できる在宅介護サービスです。


ご不明な点はお問い合わせください。

デイサービス(一般型)

ご利用者様の明るい声が聞こえてくる、ゆとりと安らぎに満ちたデイホール。天井から差し込む太陽の光に、安らぎを感じます。

広いお風呂でゆったり、すっきり、車椅子の方でも大丈夫。心と身体の疲れをじっくり癒す潤いのひとときを。

居宅介護支援事業所

利用案内

介護支援専門員(ケアマネージャー)が本人とそのご家族の希望を伺い、介護サービス計画(ケアプラン)の作成や、事業所との連絡調整、介護保険制度の代行申請などを行います。

ご不明な点はお問い合わせください。

熊本厚生事業福祉会のグループ